年会費無料のゴールドカードを入手する方法

年会費無料_ゴールドカード

先日、エポスカードから突然、ゴールドカードのインビテーション(招待状)が届きました。

どうやら年会費が永年無料のようです。ゴールドカードなのに。

年会費無料で持つことができるゴールドカードって他にあるのかな?どうやったら今回みたいなインビテーションが届くんだろう。

僕と同じように、上記のように疑問に感じる方もいるかと思うので、ここでは年会費無料のゴールドカードの種類や入手方法を解説します。

※ちなみに僕はフリーランスで、家電量販店でお願いされて作ろうとしたクレジットカードも審査落ちします。それでも種類によってはゴールドカードが手に入るので、世の中不思議ですね。

フリーランスのカード審査落ちは本当にあった話【実体験】

2019年6月20日

 

年会費無料のゴールドカードの種類

クレジットカード関連で有名なブログ「クレジットカードの読みもの」さんで紹介されているのは下記の3つ。

  • エポスゴールドカード
  • イオンゴールドカード
  • セブンカード・プラス(ゴールド)

 

今回僕に届いたのはエポスゴールドカード。

イオンカードも持っているので、使いようによってはゴールドカードになるのか。。。

イオン銀行を使うなら、普通預金でも高金利になるイオンカードセレクトで

2017年2月9日

今回はエポスゴールドカードが届くまでにやったことを書いておきます。

 

年会費無料でゴールドカードを入手した方法【実例】

年会費永年無料のエポスゴールドカードを入手するまでにやって流れは下記の通り。

  1. エポスカードを作る【2019/2/5】
  2. エポスカードを使いまくる【2019/2〜2019/4】
  3. メール&招待状が届く【2019/9/16】
  4. エポスゴールドカードが届く【2019/9/24】

 

それぞれ簡単に見ていきます。

 

①エポスカードを作る【2019/2/5】

まずはエポスカードを作りました。(そりゃあそうだ)

作ったのは下記にもあるように、2019年2月。

通常のエポスカードは年会費も発行料もかからないので、普段使いにもおすすめ。

マルイ系のクレジットカードのため、マルイのショッピング施設で頻繁に買い物する人は持っておくといいかも。

使うと貯まるのはエポスポイントなんですが、これらはマイルやギフト券に交換することも可能です。

>>エポスカードを無料で発行する(公式サイトへ)

 

②エポスカードを使いまくる【2019/2〜2019/4】

発行してすぐに様々なものをエポスカードで支払うようにしました。

3ヶ月でおよそ14〜15万円ですね。

僕の場合、この頃に楽天ポイントを貯めるほうが、自分のライフスタイル的に良さそうだったので、支払いは楽天カードへすべて切り替え。

以後、エポスカードは自宅のカードフォルダー行き。全く使うことはありませんでした。

ポイントの貯まりやすさは楽天カードの方がいいですね。楽天Payなども組み合わせれば還元率も高めです。

>>楽天カードを無料で発行する(公式サイトへ)

 

③メール&招待状が届く【2019/9/16】

使うのをやめておよそ4ヶ月後に上記のようなメールが。

なんとゴールドカードのインビテーション(招待状)です。

メールで届いた直後に、封書でも同じ内容で届きました。

エポスカード、全然使っていないのに本当かな?という気持ち。

年会費も永年無料とのことなので、とりあえずメールからゴールドカードを申し込み。

ただ、フリーランスだし、審査とかで落ちるかもな〜とか半ば諦めの気持ちもありました。

 

④エポスゴールドカードが届く【2019/9/24】

審査落ちの不安もつかの間、一週間程度で書き留めにて届きました。

めちゃ迅速に届いたので、驚きです。笑

エポスゴールドカードはメリットもたくさんありそうなので、ひとまず解約せずに持っておこうと思います。

エポスゴールドカードのメリット・デメリット【年会費無料も可能】

2019年10月2日

 

ゴールドカードのインビテーションの送付条件は非公開

ちなみにゴールドカードのインビテーションが届く条件は非公開になっているため、探り探りのようです。

ネット上で見つけたエポスゴールドカードのインビテーション送付の予想条件は下記のようなものでした。

  • 年間利用額50万円以上
  • カードの所有が一年以上

 

どちらも僕は当てはまることなく、インビテーションが届きました。笑

しかし、やはりある程度カードを使わないとインビテーションは来ないと思うので、もしゴールドカードが欲しい方は使い込みから始めましょう。

 

【注意点】直接ゴールドカードを申し込むと年会費がかかるよ

ちなみに今回のエポスゴールドカードですが、インビテーションがなくても申し込むことができます。

しかし、通常の申し込みでは年会費が5,000円かかってしまうので、かなりもったいないです。

もし、エポスゴールドカードが欲しいなら、通常のエポスカードを使い込んでインビテーションを待つのが得策。

インビテーションが届く条件もそこまで高くなさそうなので、気長に待つのがいいでしょう。

 

年会費無料のゴールドカードを得るには、通常カードを使い込むことから

エポスカードはもちろん、冒頭で紹介した年会費無料のゴールドカードを持つには、やはり通常カードの使い込みから始めるといいでしょう。

 

通常カードの場合、多くが年会費無料(セブンカード・プラスは条件付きで無料に)なので、気軽に持つことができますよ。

ゴールドカードにステータスを感じつつも、年会費を払いたくないと感じている人は、上記のカードのいずれかを使い込んで、インビテーションを待つのもいいですね。