屋台ラーメン 玉龍|空港で20年以上愛された老舗店はラーメン滑走路でも健在【福岡空港】

玉龍のAセット

どうも、はっしぃです。

福岡空港には、福岡の人気店はもちろん、東京や大阪、北海道などの名店が揃った「ラーメン滑走路」があります。

今回はそのなかでも、福岡空港のレストランフロアで23年愛され、ラーメン滑走路にもニューオープンした「屋台ラーメン 玉龍」をご紹介します。

ラーメン滑走路の他店と比べても、とてもリーズナブルにラーメンを楽しむことができます。

 

屋台ラーメン玉龍の場所は?

玉龍の外観

場所は福岡空港の3階にあるラーメン滑走路内。

 

私自身、ラーメン滑走路では「煮干ラーメン 凪」と「つじ田」に足を運びました。

【福岡空港】福岡では珍ジャンル!ラーメン滑走路の「煮干ラーメン 凪」

2018年3月17日

【福岡空港】東京の名店がラーメン滑走路に!つけ麺で有名な「つじ田」

2018年5月9日

 

ラーメン滑走路入口の近く(目の前には茶寮 伊藤園があり)にあるため、すぐに発見することが可能。

以前までは20年以上前から営業されており、昔ながらの店構えでしたが、ラーメン滑走路に入った今ではスタイリッシュになっています。

 

屋台ラーメン玉龍の雰囲気は?

チケットを買うと、指定された席に案内されます。

カウンター多めで、一人でも入りやすい雰囲気。

玉龍のカウンター席

手荷物用のカゴも席数分ありそうで、旅行帰り・出発前でも安心です。

 

屋台ラーメン玉龍のメニュー

玉龍の看板

メニューはオーソドックスなものを中心に、変わり種までしっかり用意。

  • 玉龍ラーメン700円
  • 味玉ラーメン820円
  • 明太ラーメン800円
  • 角煮ラーメン950円
  • Aセット(ラーメン+半チャーハン)920円
  • Bセット(ラーメン+餃子3個+長谷川明太ごはん)980円
  • 餃子セット(ラーメン+餃子5個)920円

 

そのほか、担辛麺やワンタン麺、明太クリーム冷麺など、種類は豊富。

玉龍の券売機

ビールセットなどもあるので、夜到着して、ここで一杯なんて楽しみ方もできますよ。

 

屋台ラーメン玉龍でオーダーしたメニュー

玉龍のAセット

今回はお昼過ぎに到着し、かなりの空腹だったためAセットをチョイス。

玉龍ラーメンと半チャーハンがセットになっています。オーダー後、4〜5分程度で到着。

まずはラーメンから。

玉龍のラーメン寄り

クリーミーで、ほんのり背脂が浮いている豚骨スープ。くどさはなく、非常に飲みやすいスープです。

玉龍のスープ

麺は福岡市内でもちらほら見かける「ラー麦」を使用した極細麺。麺によく絡みます。

玉龍の麺

ほとんどの人が「かため」で頼むようなので、初めて行く人はとりあえず「かため」でのオーダーがおすすめですよ!

トッピングは、ネギとキクラゲ、チャーシューが3枚。

3枚と贅沢に入ったチャーシューですが、一枚一枚しっかり歯ごたえがあります。脂身部分はトロッととろけるタイプで、ジューシーです。

玉龍のチャーシュー

卓上には入れ放題の紅生姜に加えて、「明太高菜」が。からし高菜じゃなくて、高菜を明太子で和えたものという珍しいタイプ。

玉龍の明太高菜

食べると確かにピリッと辛いですが、からし高菜と違って、まとわりつくような辛さはありません。

スープに入れても、大きく味は変わらないです。

玉龍の明太高菜ラーメンのせ

ラーメンはもちろん、白ご飯に合わせるのもいいですね。

今回はAセットなので、半チャーハン付き。「半」とは思えないくらい、わりと量がありました。

玉龍の半チャーハン

見た目より、味付けは薄め。食べやすくて、こってりしたラーメンとのバランスも良いです。

 

屋台ラーメン玉龍はこんな人におすすめ!

玉龍のラーメン

ラーメン滑走路は空港内にあるため、どのお店も一杯800〜900円ぐらいと結構値段が高めに設定されています。

しかし、玉龍の場合は一杯700円(以前までは680円だったよう)と、比較的安めの価格で豚骨ラーメンを味わうことができます。

  • サクッとスピーディに一杯食べたい人
  • セットでも1,000円以内で食べたい人

 

屋台ラーメン 玉龍は、そんな人におすすめの一軒です。

福岡に来た際、もしくは出発前にぜひ利用してみてくださいな。