【東比恵】醤油ベースのあっさりした一杯がウリの「中華そば かなで」

どうも、福岡グルメブロガーのはっしぃ(@hassi1222)です。

夏になると、どうしてもラーメンは避けがちなので、今のうちにどんどん巡っています。

今日ご紹介するのも、普段あまり行かないであろう東比恵界隈にある「中華そば かなで」。

ラーメン好きの人には名のしれた一軒ですよー!

sponsored link



 

場所は東比恵駅から徒歩5分の国道沿い

国道3号線沿いということで駐車場を3台まで完備。

「中華そば」ののぼりが目印です。

むしろ「中華そば」ばかり書かれて、店名がわからないほど。。。

「かなで」と小さく書かれています。

そして食後の罪悪感はありません。

名物はあっさりとした中華そば

やはり一番人気は「中華そば(630円)」。

他にも、メニューは豊富。汁なし担々麺なんかもあるんですね!

見たのは、以前紹介したくにまつ以来です。

また、ルールもいくつかあります。

例えば、麺の固さを選べなかったり、

替え玉はやっていなかったり(大盛りを頼みましょう!)。

チャーシューがちょっぴりレアだったり。

出てくるのが楽しみだ!

中華そばのお目見え!

オーダーして5分も経たないうちに、中華そばの登場。

チャーシューのは迫力がなかなかあります。確かにピンクがかっている。。。

チャーシューの他は、メンマ、ネギ、海苔がトッピングされています。

軽い口当たりのスープ。しかし、コクと旨味がたっぷり!

まずはスープからいただきました。

この透明感すごいですねー!!

見た目通り、口当たりはすごくあっさり。

しかし口に入れると、コクと旨味からか少し重たく感じる不思議なスープ。

香りも芳醇で、ずっと飲んでいられるタイプです。

天神南の非豚骨エリアの中華そばに引けを取らない味わい。

中華そばに珍しい細めのストレート麺!

中華そばってえ、太めのちぢれ麺のイメージでしたが、かなでの麺は細めのストレート麺。

博多っ子の口に合うようにこうしたのだろうか。。。

しかし、しっかりスープに絡み、違和感はなし!

どんどん口に吸い込まれていきます。

チャーシューのジューシーさも見逃せませんよ!

まるで焼肉屋のお肉みたいですね。

低温調理されており、噛んだ瞬間に旨味が凝縮されていることがわかります。

このようなタイプのチャーシューは福岡では初かも。

ボリュームもあり、大満足です!

中華そば好きは東比恵の「中華そば かなで」へ

なかなか足を運ぶことも少ない東比恵エリアですが、こんなに美味しいお店があったとは!

車で通りががった時に寄るのはもちろんですが、あえてこのお店を狙っていっても価値あるぐらいです。

気になる方はぜひ東比恵までー!

・店名:中華そば かなで
・TEL:092-441-1886
・営業時間:11:00~22:30(L.O.22:00)
・公式ブログ:「濃厚とんこつ かなで食堂」「中華そば かなで」のブログ

 

関連記事

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。