【レビュー】Kindle Unlimitedを使った感想!口コミや特徴まとめ

Kindle unlimitedの口コミトップ画




Kindle Unlimitedってお得?結構読書をするタイプなんだけど、加入しようか迷っていて…!

どうも、Amazonのサービスを使いこなして快適ライフを送っているはっしぃです。

ここではKindle Unlimitedを実際に使ってみた感想や口コミをお伝えします。

同じようなサービスで、プライム会員向けのプライムリーディングがあります。

しかし対象作品の数が段違いなので、読書好きな人はKindle Unlimitedを試してみてはいいかなと思います。

初回の30日間は無料体験できるので、作品をチェックするにもうってつけです。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)とは?

Kindle unlimitedのトップ画
画像出典:Amazon公式サイト

Kindle Unlimitedは対象のKindle作品が読み放題で楽しめるAmazon独自のサービス。

対象作品数は200万冊以上で、新書やビジネス書に加え、小説や漫画も対象になっています。

Kindle Unlimitedは最初の30日間は無料で、その後は月額980円で利用できます。

Kindleで月に1〜2冊は読書する人にとってはすぐに元が取れるようになっています。

Kindle Unlimitedとプライムリーディングの違い

Kindle Unlimitedと似たようなサービスでプライムリーディングがあります。

  • 月額料金:500円(プライムリーディング)→980円(Kindle Unlimited)
  • 対象作品数:1,000冊以上(プライムリーディング)→200万冊以上(Kindle Unlimited)
  • 対象デバイス:スマホ、タブレット、Kindle端末
  • 無料体験の有無:いずれも30日間

プライムリーディングはAmazonプライム会員のサービスに含まれているサービスのため、プライム会員費の月額500円(年間払いで4,900円)で利用できます。

ただし、プライムリーディングの場合は対象作品が1,000冊以上と、Kindle Unlimitedの200万冊以上に比べて少ないのがデメリット。

より多くの作品を読みたい人や読書好きな人はKindle Unlimitedの加入を検討してみるといいでしょう。

プライムリーディングの口コミや評判については下記でまとめているので参考にしてくださいね。

Amazonプライムリーディング_レビューのトップ画

Kindle Unlimitedの口コミ・評判

https://twitter.com/ShesKDS/status/1462988446188793864
https://twitter.com/tihaya0212/status/1461893637164339204

>>無料でKindle Unlimitedを30日間試す(公式サイトへ)

Kindle Unlimitedを実際に使ったレビュー・感想

Kindleで読書

実際にKindle Unlimitedを使ってみた感想は下記の通り。

  • 対象作品が多くて退屈しない
  • ただ探して選ぶのが大変
  • 最新作は対象でないことがほとんど

プライムリーディングのように「読みたい本がないな…」となることは少なく、探してみると、「あ、これは読みたいかも」と感じる本が必ずあるのはメリットかなと。

話題作も多くが対象になっているので、一冊ずつ購入するよりもお得だなと思いました。

ただし、対象作品が多いので、トップページから探し出したり、選ぶのがちょっと大変。

また、出版されたばかりの作品は対象になっていないことがほとんどなので、最新作を期待しているのであれば、Kindle Unlimitedでなく、個別で購入するのがおすすめ。

読書好きで、隙間時間に小説やビジネス書、漫画を楽しみたい場合、個別に購入するよりも月額980円でKindle Unlimitedに入っておくほうが金銭的にもお得という印象です。

Kindle Unlimitedの使い方

Kindle unlimitedの無料体験
画像出典:Amazon公式サイト

Kindle Unlimitedを実際に使う方法をお伝えします。

  1. Kindle Unlimitedで本を探す
  2. 気になる本の「読み放題で読む」ボタンを押す
  3. Kindleやスマホ、タブレットでアクセスして読書する

この流れになるので、順番に解説します。

【前提】Kindleでの利用がおすすめ

前提として、Kindle Unlimitedを使うのであれば、Kindle端末がおすすめ。

スマホやタブレットのKindleアプリでもKindle Unlimitedは使え、読書はできますが、サイズ感やディスプレイの光の度合い的には、やはりKindle端末が優れているかなと思います。

今後もAmazonプライムリーディングに加え、読書をするのであればKindleをひとつ買っておくと便利かなと思います。

KindlePaperwhiteのレビューTop

①Kindle Unlimited内で本を探す

Kindle Unlimitedは、基本的にAmazonでKindle本を探して購入する流れと同じになります。

ただし、対象作品がまとめっているKindle Unlimitedのページで作品を探すのが効率的。

まずは下記のKindle Unlimitedのページから、対象作品で気になるものを見つけ出しましょう。

>>Kindle Unlimitedで対象作品をチェックする(公式サイトへ)

②気になる本の「読み放題で読む」ボタンを押す

気になる本が見つかったら、「読み放題で読む」ボタンを押します。

Kindle unlimitedの購入画面

Kindle Unlimitedに加入していれば追加費用はかかりませんが、これで購入したことになります。

購入したら、データが端末に飛ぶので、自分が利用する端末で確認しましょう。

③Kindleやスマホ、タブレットでアクセスして読書する

読み放題ボタンを押した後は、自分の端末にデータが届いているかチェックを。

ダウンロードすれば、すぐに読むことができます。

Kindle Unlimitedの対象作品は20冊までしか保有できないので、読み終わった作品はデータを消していくといいでしょう。

>>Kindle Unlimitedで対象作品をチェックする(公式サイトへ)

Kindle Unlimitedのメリット

Kindle unlimitedのトップ画2

Kindle Unlimitedのメリットはこちら。

  • 対象の読み放題作品が多い
  • 専門書〜漫画まで幅広いラインナップ
  • オフラインでも読書可能
  • 多様なデバイスで利用できる
  • 30日間の無料体験が可能

それぞれ解説します。

対象の読み放題作品が多い

Kindle Unlimitedの対象作品は200万冊以上。

プライムリーディングは1,000冊以上なので、圧倒的に多いのがわかります。

月額980円なので、本を一冊購入するのとほぼ同じ金額なのも嬉しいですね。

専門書〜漫画まで幅広いラインナップ

Kindle Unlimitedはビジネス書や新書以外に、小説や専門書、漫画など幅広いジャンルの本が読み放題で楽しめます。

事前にKindleにダウンロードしておけば、気分に応じて、読みたいジャンルの本をすぐに読むことができます。

オフラインでも読書可能

Kindle Unlimitedの対象作品は、オンライン時に事前にダウンロードしておくことで、オフライン時でも読書が可能です。

長時間の移動の前には、Wi-Fi環境下で読みたい本をダウンロードしておくと、暇つぶしにぴったりです。

僕自身、海外旅行の時に4〜5冊をKindleにダウンロードして、機内で楽しんでいました。

多様なデバイスで利用できる

Kindle Unlimitedは無料アプリを使うことでスマホやタブレットでも閲覧可能です。

今あなたが持っているデバイスですぐに読書することができます。

ただし、長時間読書したり、Kindle本を読みまくるのであれば、Kindle端末がおすすめ。

特にKindle Paperwhiteは目にも優しくて、長時間読書しても疲れないのが魅力。

Kindle Unlimitedを利用するのであれば、Kindle Paperwhiteを一つ持っておくのがおすすめです

KindlePaperwhiteのレビューTop

30日間の無料体験が可能

Kindle Unlimitedは初回登録から30日間は無料体験ができます。

対象作品にどんな本や漫画があるかをチェックするためにも、まずはお試し期間の利用がおすすめ。

無料体験期間中に解約しても料金はかからないので、安心して利用できますよ。

また、Amazonのセールに合わせて3ヶ月99円のお試しキャンペーンをやっている場合もあるので、詳しくは下記公式サイトをチェックしてください。

>>無料でKindle Unlimitedを30日間試す(公式サイトへ)

Kindle Unlimitedのデメリット

Kindle

ここまでKindle Unlimitedのメリットを見てきましたが、下記のようなデメリットもあります。

  • ライブラリに登録できるのは20冊まで
  • 欲しい本が対象作品かわからない
  • 対象作品が入れ替わる
  • 料金がかかる

それぞれ解説しますね。

ライブラリに登録できるのは20冊まで

Kindle Unlimitedの対象作品を、自分のアプリや端末に保存できるのは20冊までと決まっています。

そのため、同時にたくさんの本を並行して読む人は、都度消す必要があるのでデメリットに感じるかも。

僕自身、さすがに20冊も同時に読まないので、そこまで気になったことはないです。

欲しい本が対象作品かわからない

自分自身が読みたい本が対象作品になっているかわからないのはKindle Unlimitedのデメリット。

特に最新作の場合、対象作品ではないことが多いので注意が必要です。

Kindle Unlimitedの対象でない場合は、個別に購入するか、対象になるまで待つことになります。

対象作品が入れ替わる

Kindle Unlimitedの対象作品は日々入れ替わっているのも注意点。

あとで読もうと登録を後回ししていた作品が、いつの間にか対象作品で無くなっている場合があります。

逆に、個別で購入した直後に、Kindle Unlimitedの対象作品になっていることも。

対象作品は常に入れ替わっているということは覚えておきましょう。

料金がかかる

Kindle Unlimitedは無料体験期間のあとは、月額980円の料金がかかってしまいます。

月にKindle Unlimitedの対象作品を一冊も読まない場合は、料金分を損することに。

プライムリーディングの場合は月額500円ですが、そのほかのプライム会員特典も使えるようになるので、特典の豊富さという点ではプライムリーディングのほうがお得です。

そのため、まずはKindle Unlimitedを無料体験で試して、対象作品をチェックして継続するか決めましょう。

もし読みたいジャンルや作品が少ない場合は、プライムリーディングを使うといいでしょう。

>>無料でKindle Unlimitedを30日間試す(公式サイトへ)

Kindle Unlimitedのレビュー・感想まとめ

Amazonのスマホ

Kindle Unlimitedを実際に使ってレビューやメリット・デメリットのまとめです。

Kindle Unlimitedの概要や特徴が下記になります。

  • 200万冊以上の作品が読み放題になるサービス
  • 無料体験期間のあとは月額980円がかかる
  • スマホやタブレット、Kindle端末でどこでも読書可能

Kindle Unlimitedはプライムリーディングの上位版のサービスで、月額980円の料金がかかります。

ただし、200万冊以上の本が読み放題になるので、月に本を1〜2冊以上読むと元が取れることに。

事前にダウンロードしておくと、スマホやタブレット、Kindleでオフラインで楽しめるのも魅力です。

注意点として、読みたい本が対象作品でなかったり、対象作品が入れ替わってしまうことはあります。

そのため、Kindle Unlimitedを使うのであれば、まずは30日の無料お試し期間を利用するのがおすすめ。

お試し期間中に読みたいジャンルの本や漫画があるかチェックして、継続利用するか決めるといいですよ。