>>Amazonブラックフライデー開催中!目玉商品をチェック

【レビュー】Amazonプライムリーディングを使った感想!口コミ・評判や使い方まとめ

Amazonプライムリーディング_レビューのトップ画
Amazonプライムリーディングってどう?本読み放題なのは魅力的だけど、実際に使った口コミが知りたい…!

どうも、Amazonを使いこなして、快適ライフを送っているはっしぃです。

ここではAmazonプライムリーディングを使って感じた感想や、実際に使用した人の口コミや評判をお伝えします。

僕自身、プライム会員になった時に、Amazonプライムリーディングのサービスは知らなかったですが、使ってみると、結構お得だなと感じています。

使い心地を確かめるのであれば、まずはプライム会員になってみて、30日間の無料体験期間で試してみるといいですよ。

>>無料でAmazonプライム会員を30日間体験する(公式サイトへ)

\ブラックフライデセール開催中/

Amazonプライムリーディングとは?

プライムリーディングの購入トップ画面

出典:Amazon公式サイト

Amazonプライムリーディングは、Amazonプライム会員サービスのひとつ。

1,000冊以上の対象作品(新書、漫画、雑誌)が、追加料金なしで読み放題になるサービスです。

プライム会員の会費は、月額500円(年間払いで4,900円)なので、Kindle本を一冊購入するより、はるかに安い価格で、読み放題サービスを楽しめます。

Amazonプライム会員は、プライムリーディング以外にも様々なサービス・特典が利用できるので、まずは30日間の無料体験で、使い勝手を試してみるのがおすすめです。

>>無料でAmazonプライム会員を30日間体験する(公式サイトへ)

Amazonプライムリーディングの口コミ・評判

Kindle

Amazonプライムリーディングの口コミや評判をTwitterで検索してみました。

>>無料でプライムリーディングを30日間体験する(公式サイトへ)

Amazonプライムリーディングを実際に使ったレビュー・感想

Kindleで読書

僕自身、Amazonプライム会員で、プライムリーディングを活用していますが、比較的有名な本もあったり、興味のある本もあったりするので、結構助かっています。

月に1〜2冊はAmazonプライムリーディング経由で読んでいるはず。

ただ、対象作品の入れ替わりが多いのと、作品数が少ないのはデメリットかなと感じます。

暇つぶし程度に読書を楽しむのであれば、Amazonプライムリーディングで十分ですが、より多くの本を読む読書家であれば、Kindle unlimitedがおすすめです。

>>無料でKindle unlimitedを30日間試してみる(公式サイトへ)

Kindle unlimitedの口コミトップ画

Amazonプライムリーディングの使い方

Amazonのスマホ

Amazonプライムリーディングを実際に使う方法をお伝えします。

  1. プライムリーディング内で本を探す
  2. 気になる本の「読み放題で読む」ボタンを押す
  3. Kindleやスマホ、タブレットでアクセスして読書する

この流れになるので、順番に解説します。

【前提】Kindleでの利用がおすすめ

前提として、Amazonプライムリーディングを使うのであれば、Kindle端末がおすすめ。

スマホやタブレットのKindleアプリでもAmazonプライムリーディングは使え、読書はできますが、サイズ感やディスプレイの光の度合い的には、やはりKindle端末が優れているかなと思います。

今後もAmazonプライムリーディングに加え、読書をするのであればKindleをひとつ買っておくと便利かなと思います。

\ブラックフライデーセール開催中!/
Amazonで探す
KindlePaperwhiteのレビューTop

①プライムリーディング内で本を探す

Amazonプライムリーディングは、基本的にAmazonでKindle本を探して購入する流れと同じになります。

ただし、対象作品がまとめっているプライムリーディングのページで作品を探すのが効率的。

まずは下記のプライムリーディングのページから、対象作品で気になるものを見つけ出しましょう。

>>プライムリーディングの対象作品をチェックする(公式サイトへ)

②気になる本の「無料で読む」ボタンを押す

気になる本が見つかったら、「無料で読む」ボタンを押します。

プライムリーディングの購入画面

プライム会員であれば追加費用はかかりませんが、これで購入したことになります。

購入したら、データが端末に飛ぶので、自分が利用する端末で確認しましょう。

③Kindleやスマホ、タブレットでアクセスして読書する

読み放題ボタンを押した後は、自分の端末にデータが届いているかチェックを。

ダウンロードすれば、すぐに読むことができます。

Amazonプライムリーディングの対象作品は10冊までしか保有できないので、読み終わった作品はデータを消していくといいでしょう。

>>プライムリーディングの対象作品をチェックする(公式サイトへ)

Amazonプライムリーディングのメリット

Amazonのkindle

僕自身がAmazonプライムリーディングを使って感じたメリットがこちら。

  • 漫画や雑誌、新書などの対象作品が読み放題で楽しめる
  • プライム会員なら追加料金なしで利用可能

それぞれ解説します。

漫画や雑誌、新書などの対象作品が読み放題で楽しめる

やはり読み放題機能なのは、かなりのメリット。

有料だったら買うか迷う…みたいな本でも、ポチッとして試しに読むことができます。

面白かったら最後まで、予想と違うなと思ったらすぐに読むのをやめることができるので、気軽に読書が楽しめますね。

本当に欲しい本はKindleで購入しますが、飛行機や移動の際の暇つぶし程度であれば、Amazonプライムリーディングで十分です。

>>プライムリーディングの対象作品をチェックする(公式サイトへ)

プライム会員なら追加料金なしで利用可能

Amazonプライムリーディングは、プライム会員であれば追加料金がかからないのも魅力。

プライム会員の会費は月額500円(年間払いで4,900円)なので、本を買うよりも安いです。

さらにプライム会員はAmazonプライムリーディングだけでなく、プライムビデオやお急ぎ便が無料など、特典が多いので重宝しています。

プライム会員で得られる特典やサービスについては下記でまとめているので参考にしてくださいね。

amazonプライム会員Top

Amazonプライムリーディングのデメリット

KindlePaperwhiteの本体と箱

ここまでAmazonプライムリーディングのメリットを見てきましたが、デメリットもあります。

  • 保有できるのは10冊まで
  • 読み放題対象作品が少ない

それぞれお伝えします。

保有できるのは10冊まで

プライムリーディングの対象作品を保有できるのは一度に10冊まで。

10冊を超えると、保有している作品データを消去する必要があります。

たくさんの本を一度に読む人にとってはデメリットですが、僕自身は数冊しか保有しないので、あまり困ることはありません。

読み放題対象作品が少ない

ちなみにAmazonプライムリーディングの対象作品は1,000冊程度。

パッと見では多いですが、同じAmazonのサービスであるKindle unlimitedでは、200万冊以上が対象なので、かなりの差があります。

僕自身も、Amazonプライムリーディングをチェックした際に、あまり気になる本がないなと思う時が時々あります。

読書好きな人は、追加料金980円(税込)を払ってでも、Kindle unlimitedに加入した方がお得度は大きいかなと思います。

>>無料でKindle unlimitedを30日間試してみる(公式サイトへ)

Kindle unlimitedの口コミトップ画

Amazonプライムリーディングのレビュー・感想まとめ

Kindleを持つ手

Amazonプライムリーディングを実際に使った感想やレビューのまとめです。

Amazonプライムリーディングの概要はこちら。

  • 1,000冊が無料で楽しめる読み放題サービス
  • Amazonプライム会員なら追加料金なし
  • スマホやタブレット、Kindle端末ですぐに読める

Amazonプライムの会員費の月額500円(年間払い4,900円)で、追加料金なしで、1,000冊以上の作品が読み放題で楽しめるのは魅力ですね。

事前にダウンロードしておけば、スマホやタブレット、Kindle端末で移動中に楽しめるので、暇つぶしにも便利です。

もし、より多くの本を楽しみたいならば、Kindle unlimitedもおすすめ。

対象作品が1,000冊→200万冊以上と、大幅アップするので、作品選びがより楽しくなります。

Amazonプライムリーディングを楽しむのであれば、まずはプライム会員になって、30日間の無料体験期間で使い勝手を確認するのがいいでしょう。

体験期間中に解約しても、料金は発生しないので、プライムリーディング以外の特典やサービスも試しに使ってみるといいでしょう。

>>無料でAmazonプライム会員を30日間体験する(公式サイトへ)