うどん屋 米ちゃん|うどん×チキン南蛮の魅惑のハーモニーを楽しんで【博多】

先日、グルメ雑誌でも紹介されている「うどん屋 米ちゃん」にお邪魔しました。

なんでも、うどんに加え、セットで食べるチキン南蛮も美味なのだとか。

博多駅からも近く、行きやすいので気になる人はチェックですよ。

 

うどん屋 米ちゃんの場所は?

場所は下記の通り。

 

隣にはこのブログでも紹介した「元祖ぴかいち」があります。麺類の激戦区ですね。

元祖ぴかいち|自家製麺の博多皿うどんが絶品!【博多】

2019年6月27日

どちらも足を運んだため、次回からこの辺りを歩くと、どちらに行こうかかなり悩んでしまいそう。

ちょっと足を伸ばせば、殺人坦々麺で有名な陽華楼もあるので、気になる人は合わせてチェックしましょう。

陽華楼|殺人担々麺で有名な一軒で殺人されてみた【博多】

2019年1月31日

 

うどん屋 米ちゃんの雰囲気は?

今回は13時過ぎに訪れたのですが、まさかのほぼ満席。カウンター席が2席空いていたので、運よく座れましたが、3〜4人で来ている人は待っている状態。

なかに入ると、まるで昔ながらの居酒屋の雰囲気。

店員さんの数も多く、活気ある店内でした。

 

うどん屋 米ちゃんのメニュー

うどんのメニューはこちら。

  • かけうどん(350円)
  • ごぼう天うどん(430円)
  • 肉うどん(550円)
  • 鶏そぼろうどん(480円)
  • 芝エビ天うどん(500円)
  • レタスと肉うどん(480円)

 

うどんメニューはどれもリーズナブル。オーソドックスなものから、変わり種もありますね。

お客の9割近くが頼むチキン南蛮とうどんのセットがこちら。

  • Aセット-チキン南蛮8個・うどん中・ごはん中(850円)
  • Bセット-チキン南蛮5個・うどん中・ごはん中(680円)
  • Cセット-チキン南蛮3個・うどん小・ごはん小(580円)

 

内容は変わらず、ボリュームだけ変わるので、お腹の空き具合によってセットを選びましょう。

また、うどんの大盛りや、ぶっかけうどん・つけ麺への変更など、追加料金を払うことで可能です。

僕自身が注目して、オーダーしたのがこちら。

  • クリーミィ明太子うどん(550円)
  • 明太子うどんとチキン南蛮2個セット(680円)

 

今回は名物のチキン南蛮も食べたかったので、セットにしてみました!

 

うどん屋 米ちゃんで頼んだもの

茹でたてを提供することにこだわりのある米ちゃん。オーダーしてから5〜6分後に到着。

こう見ると、なかなかのボリューム。しかし、通常のセットにはごはんと漬物もつくので、少ないほうなのか!

まずはクリーミィ明太子うどんからいただきます。

麺は毎朝挽いて、切り立てを提供。ほぼ均等ですが、ところどころ麺が細かったり、個性があるのはご愛嬌。もっちり粘りのある食感で、食べ応えも十分です。

肝心の明太子も麺全体によく絡まっていて、食べると時折プチッと弾けます。これはうまい。

暑い夏にパスタ感覚で食べられる一杯です。

また、人気のチキン南蛮も、揚げたて熱々で登場。

南蛮酢がたっぷりかかっていて、酸味もしっかりめ。優しい味わいのタルタルソースとの相性もいいですね。

一個一個が大きく、ボリューム的にも満足です。これでごはんがあったら、お腹いっぱいなること間違いなしでした!

 

うどん屋 米ちゃんのチキン南蛮は必食!

うどんとチキン南蛮って、なかなかない組み合わせですが、実際食べてみると、そこまで違和感はありません。

むしろ相性いいのでは?と思わせてくれるほど、うどんもチキン南蛮も絶品です。

料金的にもリーズナブルなので、博多界隈でお店探しの際はぜひ思い出してみてください。

ちなみに営業時間は「お昼のみ」とかなり強気。夜には閉店しているのでランチタイムを狙っていきましょう。