【天神】天神北→大名へ移転した「うどん和助」。味も変わらず抜群の人気店

どうも、グルメなはっしぃです。

天神北から大名に移転した「うどん和助」に先日行ってきました。

大名の奥まったところにあるので、お客さんに変化あるかな?と思ったけど、普通に満席で待ちが出ていましたね。

>>うどん和助 大名店の店舗詳細はこちら

 

大名に移転した「うどん和助」

移転したのは2018年8月末。訪問したのは9月中旬なので、オープンからまだ3週間程度。

場所は、赤坂にある中央区役所の裏のあたり。

近くには以前このブログでも紹介した「博多らーめん ちゃんぽん 昼と夜」などがあり、飲食店の数も豊富なエリア。

「桝元」など人気店も多く立ち並んでいます。

 

まずは券売機でチケットを購入

人気はやはり見た目が豪快な「ごぼう天うどん」。

僕の着いた席の周りの人も食べていました。

まずは、入り口にある券売機でチケットを購入。

迷っていると、どんどん後ろに人が並んでいくので、事前に外看板でメニューをチェックして、入りましょう。

チケットを店員に渡して、テーブルへ。

団体用のテーブル席に加え、キッチンの様子が見えるカウンター席も。

テーブルには豊前裏打会らしい、オリジナルの激辛一味が。

極めて辛いので、少しずつ味を確かめながら使うことをおすすめします。

しかし、なんともこの辛さがクセになる。。。

 

人気のごぼう天うどん!相変わらずの豪快な盛り付け

久々のうどん和助だったので、オーソドックスにごぼう天うどん(600円)をオーダー。

ごぼう天は別皿にするか聞かれますが、写真用に上にのせてもらいました。

もう、蓋のようになっているので、まずはごぼう天を崩すところからですね。

ごぼう天を崩すと現れるのが、細めながらコシ強めの麺と、ダシがしっかり効いたうどんが登場。

特にこの細麺が絶品。細めながらコシが強いという不思議な食感が楽しめます。

博多にある「大地のうどん」や薬院の「萬田うどん」でも同じ麺が味わえるので、ぜひ近くの店舗で楽しんでください。

 

まとめ

大名に移転したものの、早くも赤坂側で働いているお客さんがたくさん集まっていました。

特に中央区役所で働いている人からすると、近くにできて嬉しいだろうなぁ。

僕も次は野菜天ぶっかけにチャレンジしたい。

大名でうどんが食べたくなったら、ぜひ足を運んでみてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

福岡在住。グルメライター→結婚情報誌の制作→転職エージェントを経てフリーランスに。ライターやディレクターとして、どこにいても稼げる環境を構築中。社会人バスケチーム「ロジーナ」代表。福岡グルメを中心にフリーランスの働き方、ブログ運営について書いています。