Webライター初心者がブログを始めるべき5つの理由

Webライター_ブログ_top
Webライターをこれから始める予定だけど、ブログってあった方がいいかな?作るのとか大変そう。。。

このような疑問にお答えします。

在宅パラレルワーカーのはっしぃです。独立当初はWebライターで稼いでいました。

ここではWebライター初心者はブログを持っておくべきかについて解説します。

結論だけお伝えすると「Webライターをこれから始める人は持っておくといい」です。

もちろんブログを持たずに、Webライターを実践している人もいますが、始めたては特にブログがあることで、仕事を受けやすくなるので、持っておくといいでしょう。

ここからは、Webライター初心者がブログを始めた方がいい理由を解説します。

 

Webライター初心者がブログを始めた方がいい理由

Webライティング

以下の5つです。

  • 文章力の向上につながる
  • 自分のポートフォリオ(作品集)になる
  • ワードプレスの操作ができるようになる
  • 検索上位に表示されると仕事が舞い込むことも
  • ブログ単体で収益化もできる

 

それぞれ解説していきます。

 

文章力の向上につながる

ブログを作って記事を作成、そして世の中に公開する。

このように「人に見られている」を意識して記事を書くと、自ずと文章力の向上につながります。

  • この言い回しは読みやすいかな…
  • 一文が長くなりすぎていないかな…
  • 「です」「ます」で終わる文章が続いていないかな…

 

上記のように、自分の書いた文章が、読者から見てどうかな?という意識を持つことがブログでは可能。

本で文章術をインプットして、ブログで練習(アウトプット)することで、文章力はもちろん、表現力もアップするのでおすすめ。

ブログの場合、〆切もないのでマイペースに練習できるのもメリットです。

 

自分のポートフォリオ(作品集)になる

ブログを作ると「何について書こう?」と悩むと思います。

  • 読んだ本のこと
  • 日々の節約術のこと
  • 足を運んだカフェの情報
  • 持っている専門知識のこと(プログラミングなど)

 

このように、ブログで記事を書いていると、自然と自分が書くことができる記事のジャンルが絞られてきます。

そして、いつの間にかそれがポートフォリオ(作品集)に。

僕の場合、グルメが好きだったのでグルメの記事を書いていたら、グルメや地域情報のお仕事の受注率がアップしました。

結婚式に関する知識もあったので、そちらも記事化したら仕事が舞い込んでくるように。

あなたの得意分野・好きな分野でブログを作っていくと、いつの間にかポートフォリオが完成していきますよ。

 

ワードプレスの操作ができるようになる

Webライター初心者でブログを始める場合、はてなブログやライブドアブログなどの無料ブログを使うのもできます。

しかし、おすすめはワードプレスを使ったブログを作成すること。

理由としては下記になります。

  • デザインの自由度が高い(個性が出る)
  • 独自ドメインの方がSEOに強い
  • ワードプレス入稿を求めてくるクライアントがいる

 

Webライターのお仕事ではワードにライティングして納品ということもあれば、ワードプレスに直接入稿という場合もあります。

ワードプレスの操作に慣れていると、それだけでライバルよりも一つ優位に立つことができますね。

ドメインの取得やサーバーのレンタルに初期費用はかかりますが、ブログを作る意味は十分あると思います。

 

検索上位に表示されると仕事が舞い込むことも

ブログで記事を書いていると、検索結果の上位に表示される記事が出てきます。

僕の場合だと、下記のようなキーワードで上位表示しています。

  • 「福岡 ランチ ワンコイン」
  • 「福岡 ブロガー」
  • 「福岡 本当に美味しいお店」

 

仕事を依頼する人が、上記のようなキーワードで検索し、ブログを見ることで、僕にお仕事が舞い込むことが実際にありました。

得意なこと・ジャンル、好きなことについてブログを書き進めることによって、ブログから仕事が舞い込むこともありますよ。

Webライターの仕事の獲得方法を解説【初心者向け】」の記事でも解説していますが、クラウドソーシングよりも、企業案件の方が単価も高い傾向にあります。

営業せずとも仕事が舞い込んでくるよう、ブログを作って記事を仕込んでおきましょう。

Webライター_始め方_top

Webライターの仕事の獲得方法を解説【初心者向け】

2019年10月3日

 

ブログ単体で収益化もできる

ブログ単体で収益化することも可能です。

Webライターと比べて、収益化までの期間は長くなりますが、記事を積み重ねて、PVが伸びてくると、グーグルアドセンスなどで広告費が入ります。

Webライターは書いたらすぐにお金になるお仕事ですが、書き続けなければお金が入ってこない仕事でもあります。

ブログで大きく稼ぐことは難しく、すぐにお金にはなりませんが、手放しでもお金が入ってくる仕組みを作ることは可能。

ブログとWebライターを両立させて、収益化を狙うのがおすすめです。

 

Webライター初心者はブログがないと仕事をもらえない?

Webライティング

そんなことはありません。

Webライターをやったことがない人でも、自分自身の経験やこれまで得た知識をアピールして仕事を得ることは可能です。

ただ、仕事を依頼する際に、あなたがライティングしたものを見た方がクライアントも安心ですよね。

あくまでPRツールとして、無料ブログを作っておくのもありです。

 

Webライター初心者にブログをおすすめする理由まとめ

Web_PC

まとめです。これからWebライターを始めようとする人にブログ作成をおすすめする理由は下記の通り。

  • 文章力の向上につながる
  • 自分のポートフォリオ(作品集)になる
  • ワードプレスの操作ができるようになる
  • 検索上位に表示されると仕事が舞い込むことも
  • ブログ単体で収益化もできる

 

ブログがなくてもWebライターとして仕事を獲得することはできます。

しかし、PRツール・ポートフォリオ(作品集)として、ブログがあったほうが受注率もアップするでしょう。

僕自身も、クラウドソーシングでWebライターをしていた際に、ブログを使って仕事の受注に成功しました。

Webライターとして何から始めたらいいかわからないと悩んでいる人は、まずは自分のブログを作ることから始めましょう。

Webライター_おすすめサイト_top

Webライター初心者におすすめのサイト【クラウドソーシング】

2019年10月10日