Webライターのプロフィールの作り方【実例あり】

Webライター_プロフィール_top
クラウドソーシングに登録してみたけど、自分のプロフィールの書き方がわからない。アピールすることないのかな。。。

このような疑問にお答えします。

在宅パラレルワーカーのはっしぃです。ブログとWebライターで生活を支えています。

僕自身、クラウドソーシングに登録した際に悩んだのがプロフィールの書き方。

自分の何をどうアピールしていいかわからず、仕事の受注率も悪いまま。

しかし、改善を重ねて、ランサーズの認定ランサーになるまでに至りました。

ここでは、クラウドソーシングに登録したばかりのWebライターに向けて、プロフィールの書き方を解説します。

 

Webライターのプロフィールの工夫ポイント

Webライター初心者がプロフィール作成で意識すべきポイントが下記。

  • 写真は自分の顔写真にする
  • これまでやったこと・できることをアピール
  • ライター以外の経験も書く(取材・撮影経験など)
  • 数字を使って具体的に書く
  • 今の状況を書く(日・週の稼働時間)

 

それぞれ解説していきます。

 

写真は自分の顔写真にする

クラウドソーシング上のプロフィール上には必ず写真を掲載するスペースがあります。

特にまだ実績のないWebライター初心者は顔写真にしておくことをおすすめします。

仕事をお願いする立場として、写真なし&実績が0の人にお願いしたくなるでしょうか?

実績を積み重ねてくると数字でアピールできるようになるため、実写真かどうかの優位性は落ちます。

しかし、Webライター始めたては顔写真にしておくと、クライアントも安心ですよ。

 

これまでやったこと・できることをアピール

プロフィールでよく見るのが「●●を目指しています!」のような文言。

仕事を依頼するクライアントが知りたいのは、あなたの目標でなく、何ができるか。

まずは、これまでやってきたことや、できることを意識して書くようにしましょう。

例えば下記のようなこと。

  • 転職エージェントとして働いていたので、転職系の記事の執筆はできます
  • これまでグルメの記事を300本書いてきました(記事のリンク)

 

特に実績として見せることができる記事があれば、説得力も増します。

実績がない初心者の人は自分でブログを立ち上げて、得意分野・好きなジャンルの記事を書くと、実績にもつながりますよ。

Webライター_ブログ_top

Webライター初心者がブログを始めるべき5つの理由

2019年10月4日

 

ライター以外の経験も書く(取材・撮影経験など)

ライター以外にできることも書いておくと、仕事受注の可能性も高まります。

  • 取材はできるか
  • 撮影はできるか(一眼レフ使えるか)
  • 取材アポイントは取ったことがあるか

 

Webライターの仕事では、ライティング以外に作業が発生することも。

ライティングにまつわる他の作業でやったことがあるものは、必ず記載しておきましょう。

 

数字を使って具体的に書く

数字を織り交ぜながらプロフィールを作るのも、説得力が増すのでおすすめ。

例えば下記の通り。

  • ×:食べるのが好きで、食レポ記事を書いています
  • ○:年に300件近く飲食店を利用しています。食レポはこれまでに500記事を書きました

 

数字があると、インパクトも増しますね。

プロフィール内で数値化できるところは記載しておきましょう。

 

今の状況を書く(日・週の稼働時間)

タスク案件でなく、長期的に仕事を受けるのであれば、現在のあなたの状況を書いておきましょう。

  • 一日でどれくらい作業できるか
  • 一週間で納品できる記事数・文字数
  • 一ヶ月のうちに打ち合わせに避ける時間

 

特に子育て中の方や、副業を考えている方は、Webライティングにかけられる時間を書いておくことで、オーバーワークになることを防ぎます。

Webライティング案件とのアンマッチを防止するためにも、あらかじめあなたの状況を書いておくといいでしょう。

 

Webライターのプロフィール実例

Webライティング

Webライター初心者で、クラウドソーシングに登録したばかりの人は、書き方がわからないですよね。

なので、書き方がわからない人は、実例として僕のプロフィールを参考にしてください。

 

また、もしこれからブログを立ち上げようとしている人も、ブログ内でもプロフィールページは作成しましょう。

こちらも、真似できそうな点はパクってOKです。

橋本 真矢(はっしぃ)のプロフィールと実績

2016年1月1日

 

Webライターのプロフィール作成まとめ

Webライターがプロフィール作成で意識すべきことのまとめです。

  • 写真は自分の顔写真にする
  • これまでやったこと・できることをアピール
  • ライター以外の経験も書く(取材・撮影経験など)
  • 数字を使って具体的に書く
  • 今の状況を書く(日・週の稼働時間)

 

特に重要だと感じるのが、これまでやったこと・できることを書くこと。

数字を交えて書くことで、あなたに適した仕事の依頼が来るようになります。

プロフィールを充実させて、まずは1件お仕事を受注することからスタートさせましょう。

※プロフィールの添削など無料で行なっております。Twitterにてお気軽にDMください。

Webライター_おすすめサイト_top

Webライター初心者におすすめのサイト【クラウドソーシング】

2019年10月10日