ブログを継続する4つのコツを解説【楽しみ方は自由です】

ブログ_継続_コツtop

どうも、はっしぃです。

このブログは開設から3年が経過。毎日更新では全くないですが、地味に生き残っています。

また、この他にも特化ブログを2つ所有しており、合計すると3つのブログを運営しています。

毎日どれかの記事は書いているので、継続できている方かなと。

ここでは、僕なりにブログを継続させるのに必要なコツを4つお伝えします。

  • 始めてみたものの、なかなか続かない…
  • いっそのこと、ブログもうやめちゃおうかな…

 

このように悩んでいる人にお役に立てれば幸いです。

ブログ継続の4つのコツ

 

  • 書く時間を決める
  • リアルを充実させる(ネタ切れ防止)
  • そもそもブログを書く目的を明確に
  • SEOや収益化を意識しすぎない

 

この4つです。

 

書く時間を決める

ブログを継続させるのに最も大事かなと思うことが時間の確保と設定です。

特に会社員しながらブログを書くとなると、時間の確保が難しいですよね。

ブログにあてる時間は人ぞれぞれですが、まずは一日の中でいつ記事を書くか決めて、あとは実行しましょう。

僕自身、サラリーマンしていた時は、もっぱら帰宅後に1記事書いて、翌日の帰宅後に入稿でした。

フリーランスになった現在では、集中力の高い午前中に書き終えるようにしています。

集中力をアップさせて仕事を効率的に!自分の時間を確保しよう

2017年10月12日

 

リアルを充実させる

時間があっても書くことがない…

そんな人は日常を充実させることからスタートしましょう。

充実といっても、海外旅行するとか、高級レストランに行く必要はありません。

本を読んだり、初めてのカフェに入ったり、イベントに参加したり…

自分の興味のある分野やジャンルでインプットを増やすと、自然にアウトプットもできるようになります。

僕は食べ歩きが好きだったので、それを記事化して継続に成功しました。

体験や知識はネタになるので、リアルを充実させてインプット量を増やしましょう。

ブログネタの見つけ方

ブログネタの探し方!ピンチや生活の困ったことがヒント

2019年6月1日

 

ブログを書く目的を明確に

「ブログを書く理由」も明確にすると、手が止まらなくなります。

ブログを書いて発信する理由は人それぞれ。まずはあなたがブログを書く理由を明確にしましょう。

僕自身も、最初は趣味でやっていましたが、書いているうちに「稼げるかも?」と感じてしまい、書く内容を迷走した時期がありました。

目的が散漫になってしまって、いつもなら書く記事を書かなかったり、反対に稼げるかも?とブログに合わない記事を書いちゃったり。。。

時々、自分がブログをやる理由を改めて見つめ直す時間があるといいですね。

 

SEOや収益を意識しすぎない

稼ぐのが目的で記事を書くのであればSEOや検索順位、収益を数字で追いかけるのは重要です。(特に専業)

しかし、そこまで高い収益化を求めていないのであれば、時にはSEOを考えない記事を書いてみるのもいいですよ。

特化ブログを運営しているなら、別の媒体で気軽に書ける場所を自分に用意してもいいですね。

今なら無料で使えるnoteもあるので、日記に使うことも可能。

単純に書くことを楽しむのもブログのひとつの活用方法なので、書くのが苦痛になりそうな時は、自由帳に書くように書き殴るのもありです。

ブログ記事_タイトル決め方top

ブログの記事タイトルの決め方7つのコツ【PV増につながる】

2019年10月25日

 

そもそもブログ続ける意味ある?

ブログは毎日更新した方がいいんでしょ!?自分にはできないかも…

上記のように悩む人は多いかと思います。

僕自身、以前まで「ブログは毎日更新するべきだ!」なんて思っていましたが、別に書ける時に書く感じでいいかと思います。

一週間毎日更新して、一週間休むのもありだし、3日に一記事でもOK。

大事なのはストレスを感じない程度にブログを触ることかなと。

せっかく自分で立ち上げて、自分のリズムで運営できるので、ブログと付き合う最適解を見つけてくださいね。

雑記ブログ_特化ブログ_top

雑記ブログと特化ブログはどっちがおすすめ?両方のメリット・デメリットを解説

2019年10月17日

 

ブログ継続のコツまとめ

考えながらWebライティングしている男性

ブログを継続するためのコツのまとめです。

  • 書く時間を決める
  • リアルを充実させる(ネタ切れ防止)
  • そもそもブログを書く目的を明確に
  • SEOや収益化を意識しすぎない

 

上記は僕がブログを継続させるために意識していること。全てを真似る必要はもちろんありません。

ブログは長く続けようと思えば思うほど、どこかで息切れがきます。

そんな時は休んでもいいし、肩の力を抜いて記事を書くのもありですよ。

世の声に縛られず、あなたスタイルでブログを楽しんでくださいね。