【中洲】よく目にするけどなかなか行かない!「博多大砲ラーメン」は「久留米大砲ラーメン」と一線を画す名店だった

The following two tabs change content below.

hassi1222

グルメライター・結婚情報雑誌の制作・人材エージェントを経て、フリーランスになったアラサー男子。福岡にて好きや得意なことで生きる方法を研究中。

どうも、ブロガーのはっしぃ(@hassi1222)です。

よく見かけるけど、実は行ったことない…そんなお店ありませんか?

以前は下記のように弥太郎うどんに行ってみました。

関連記事:よく目にするけどなかなか行かない!春吉にある「弥太郎うどん」は24時間営業

今回も時間ができたタイミングため、同じノリでめっちゃ目にするけど入ったことないお店に潜入してみました。




sponsored link

中洲にある「博多大砲ラーメン」

今回お邪魔したのは「博多大砲ラーメン」。場所は中洲の那珂川の近く。

古びた外観がなんとも印象的です。

創業が昭和39年なので、53年ものこちらで営業しているよう。老舗!!

昔からあるわけか、有名人のサインも結構飾られていました。

なぜ今まで自分はこの店に入らなかったのだろうか、疑問でしょうがない。

博多大砲ラーメンは久留米大砲ラーメンと違います。

まず思ったのが、天神・今泉にある「久留米大砲ラーメン」と関係があるのかという点。

はっしぃ
今泉にも大砲ラーメンってありますよね?
店員さん
ありますね。よく間違って来られますよ。
はっしぃ
関係ってあるんですか?
店員さん
いやぁ…全然ないですね。

とのこと。やっぱり間違って来る人おるんや。

メニューは至ってシンプル!4種類から選ぼう

メニューはとてもシンプル。

どうやら中洲や天神で飲んだ帰り道に足を運ぶ人が多いようです。

メニューはラーメン(600円)、チャーシューメン(800円)、ネギラーメン(700円)のラーメン類に加え、おつまみチャーシュー(小400円、大600円)の4種類。

ドリンク類は瓶ビール(600円)と日本酒(400円)がありました。

博多ラーメンには珍しく、大盛りや替え玉はないとのこと。

お腹減っている時に行くと、一杯で終わってしまうので要注意です。

トッピングはネギとチャーシューのみ!定番の博多とんこつ

今回オーダーしたのはラーメン(600円)。

ネギとチャーシューのみのシンプルなトッピング!

スープも久留米大砲と比べると、とてもすっきり食べやすいタイプ。重みもそんなに気になりません。

麺も極細ストレートで博多らしい一杯。久留米大砲の方が少し太い印象を受けました。

サクッと食べることができるので、〆の一杯には最適です。

よく目の前は通ったけど、あまり入ったことない「博多大砲ラーメン」でした。

皆さんも、中洲や天神、春吉で飲んだ後にぜひ立ち寄ってみてくださいー!

・店名:博多大砲ラーメン 本店
・TEL:なし
・営業時間:17:30~翌5:00
・食べログ:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40017945/

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

刺身から焼物まで魚介がうまい!グルメブロガーおすすめの天神&博多で接待でも使えるお店まとめ

福岡・赤坂にある行列必須の「兼虎」。つけ麺を楽しむならここで決まり!

博多の豚骨ラーメンに飽きた人必見!天神南の「非豚骨エリア」のお店まとめ

The following two tabs change content below.

hassi1222

グルメライター・結婚情報雑誌の制作・人材エージェントを経て、フリーランスになったアラサー男子。福岡にて好きや得意なことで生きる方法を研究中。

コメントを残す